【第91基地】
ヤマタノオロチ
[モンスターバース百科]

≪VERSE≫モンスター・バース
スポンサーリンク

モンスター・バース百科

ヤマタノオロチ


概要

 ヤマタのオロチは、モンスター・バースに登場する巨獣(タイタン)。『キング・オブ・ザ・モンスターズ』ではモニターに名前が映ったのみで、姿は見えない。

  • 種名 :タイタヌス・ヤマタノオロチ
  • 分布:マウント・フジ周辺 / 日本

名前の由来

 日本神話に登場する八頭八尾の大蛇が名前の由来。漢字表記は“八岐大蛇”。生贄をとったため、 嵐を司る荒神・素戔嗚尊(スサノオノミコト)に討伐される。

神話

 スサノオが 天界から降りてくると、誰かが河の上流でむせび泣いてる。見てみると、老人と老婆、そして若い娘だった。スサノオが訳を聞くと、老人はこう答えた。「私には8人の娘がいました。しかし、毎年一人ずつ首の八つある大蛇に食べられてしまいます。そして次はこの子の番なのです。」そこで、スサノオは大量の酒を老人たちに準備させると、娘の格好をして代わりに大蛇の元へ運ばれていった。

ヤマタノオロチを討伐するスサノオ

 するとしばらくして大蛇が現れた。八つの頭に八本の尾、その眼は赤く、その背にはモミやヒノキが生えていた。体長は谷が八つ分ほどもあった。大蛇は酒を見つけると、それぞれの首を桶に浸し飲み始め、酔うとすぐに寝てしまった。スサノオは剣を抜くと、オロチを切り刻んだ。この時、尾を切ると中から一本の剣が出てきた。これが、日本の三種の神器の一つ、“草薙剣(クサナギノツルギ)”である。こうしてスサノオはヤマタノオロチを退治した

 この時スサノオが詠んだ次の歌は、日本で初めての詠まれた和歌と言われている。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 

八重垣作る その八重垣を

(雲の湧き出る出雲の国を 私が妻を守るように 雲が守っている)

起源

 マウント・フジ周辺で発見され、のちにモナーク第91基地が建設、監視が始まった。それ以前の動向に関しては不明。


能力

 不明。


「ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ」

 ギドラに応じ覚醒、暴走を開始する。オルカが発動すると他の巨獣同様ボストンを目指した。しかし、ギドラの加勢にも、王の誕生にも間に合わなかった。その後の動向は不明。

 劇中ではスクリーンに位置が映るのみである。

OUTPOST 91 – TITANUS YAMATA NO OROCHI

トリビア

  • 監視されていた第91基地から、1991年公開の『ゴジラvsキングギドラ』との関連性が考えられる。
  • デザインは公開されていないが、もしも頭部が八つあった場合、三つしか頭を持たないギドラの面目が危ぶまれる。

参照:
Yamata No Orochi – Gojipedia




タイトルとURLをコピーしました