エンドクレジットの新聞記事、ビオランテとメカ怪獣の存在を示唆
[モンスターバース百科]

 海外のファンたちから『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に関する新たなニュースが届いた。その内容は、驚くべきものだった。

 誰もが気になった、エンドクレジットのニュース記事。その後の巨獣(タイタン)たちの環境への影響や髑髏島での異変など、次作『Godzilla vs Kong』の布石ともなる内容が書かれた、最も重要な伏線の一つだ。

 細かいところまで読み込むのが難しいため、ほとんどの情報はヘッドラインから読み取れる内容にとどまっていたが、それらの記事のうちの一つが、実はとんでもない内容を含んでいたのだ。

 以下が、その原文と日本語訳である。


(原文)

or even used as a tool for war against other humans. De La Rosa went on to claim that Monarch was not only developing this mechanized giant on skull Island, but had already tried to create organic Titans in the past, and that they are the cause of (以下判読不能)


 (日本語訳)

それどころか、他の人間との戦争の道具として使っていた。デラロサはさらに、モナークが髑髏島で機械化した巨人を開発していたのみならず、既に過去に有機的な巨獣を人工的に生み出す研究さえ行っていたという。そしてそれらが(以下判読不能)


 これまでこのシーンの記事は、巨獣たちの鎮静化、そしてその糞便の堆肥としての利用や、巨獣たち自身の環境調整システムを称賛する内容だと思われていた。しかし、実はこのような、巨獣たちの悪用に警鐘を鳴らす内容も含まれていたのだ。


 そして往年のファンはすぐ気づいたことであろう。この“機械化された巨人”はメカゴジラを始めとするメカ怪獣を、そして“有機的な巨獣”とはビオランテを、それぞれ想像させるものとなっている。

メカゴジラとビオランテ

 ビオランテは、『ゴジラvsビオランテ』に登場する、人間の作り出したバイオ怪獣。生物学者の白神源壱郎が、死んだ愛娘の細胞とゴジラの細胞を薔薇に注入したことで予期せず生まれてしまった、悲劇の人造怪獣である。

 エンドクレジットには“MYSTERIOUS RAINFOREST BLOOMS IN SAHARA DESERT”(サハラ砂漠に謎の熱帯雨林が急成長)というヘッドラインの記事もあり、これもビオランテを連想させる内容となっている。今後の登場を濃厚ににおわせているように思えてならない。

 メカ怪獣にかんしては“Titan”ではなく“giant(巨人)”となっているのが若干疑問の残る点だ。まさか「大魔神」まで出てくるとは思えないので、他に人型といえばメカニコングだろうか……。(他にモゲラやジェットジャガー説が浮上。)

 モンスターバースの今後の展開を様々に想像させる、ドハティ監督らしい演出といえるだろう。