荒ぶる神が、ごつすぎる

「リチュアル いけにえの儀式」
(2017/イギリス)

NETFLIX
スポンサーリンク

編集長、NETFLIXに加入しましたよ~。
「スクリーム」や、「ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス」のようなNETFLIXオリジナル作品が見れて最高です!

どれもドラマ作品だね。オリジナルの映画はもう見た?

「アナイアレイション」くらししか……。オリジナルのホラー映画はレビュー数が少なく評価も安定していないので、どれから見たらいいのか迷います。

うん、確かに。同じような悩みを持つホラーファンのためにも、私たちでレビュー記事を片っ端から作成しよう。

 ということで、今回はNETFLIXオリジナル映画より、「ザ・リチュアル いけにえの儀式」をご紹介しようと思います。


「ザ・リチュアル いけにえの儀式」とは

予告編

The Ritual | Official Trailer [HD] | Netflix

編集部評価

総合評価/★★★☆☆
ギミック:★☆☆☆☆
様式美:★★☆☆☆
不気味さ:★★★★☆

編集長の一言

怪物描写で評価が分かれる映画。

小世の予習のおすすめ

同じ“森林とカルト”というテーマをPOVで撮った「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」を見ておくと、いい対比になるでしょう。


貴重な神話系ホラー

 「ザ・リチュアル」は北欧神話の神にフィーチャーした映画です。

 実は、実在する神話を題材にした作品は、意外にないんですよね。歴史の中で異教の神やその崇拝者は、キリスト教側から捉えなおされ、“悪魔”や“魔女”として扱われるようになってしまいましたから。また、現存する宗教であれば、さすがにクレームが来てしまうでしょうし……。

日本神話やヒンドゥー神話は超人的要素が強すぎて、ゲームやアニメのキャラというイメージですね。

ギリシャ神話の神々は筋骨隆々でホラー要素皆無。

そう思うと、この映画貴重ですね。

 一応関連するテーマとしては、神自体は出てきませんが、ドルイド教の人身御供を扱った「ウィッカーマン」があります。また、でっちあげた神の登場する映画はたくさんありますね。NETFLIXオリジナルの「アポストル 復讐の掟」や、「キャビン」などがそうです。しかし、“実在する神話の神が姿を現す”という条件になると、やはり他に思いつきませんね

開始30分が最高に怖い

 この映画、前半が見せ場です。北欧の山でトレッキングをしている屈強な男たち。転んでけがをした仲間のために先を急ぎますが、日が暮れるまでにロッジにたどり着けそうにありません。仲間の一人の提案で、近道をすることに。

近道をすると死にます。

 案の定、暗い森を進むと、動物がもずの早贄のように木に吊るされているのを発見。また、あちこち樹皮に謎の文字が刻まれ、不気味な雰囲気を醸し出しています。
 ロッジへはたどり着くことができず、たまたま通りかかった小屋で休むことになり……ここからはネタバレになるので書きませんが、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のような雰囲気が好きな人は必ず楽しめるでしょう。ぜひ、森とカルトのコンボが繰り出す不気味さを、その目で味わってください。

神様がモンスター

 北欧神話のヨトゥンとされる神は、作品の序盤ではなりを潜めており、森がザワザワと動く表現で存在が示されます。正体が見えず、これがなかなかいい雰囲気を醸し出しているのですが……物語後半で少しずつ姿が明らかになっていくその姿は完全にモンスター。 不気味というよりは、普通に強そうです。終盤になると「出番だ出番だ!」とでもいうように森をガンガン走り回り、大盤振る舞い。しかもこの怪物、いやな記憶をフラッシュバックさせるという謎の特殊能力を持っており、その能力で主人公を苦しめます。

だんだん少年マンガっぽくなってきたな。

その能力使わなくても絶対殺せます。

 この神の姿をどう思うかで、作品の感想は大きく二分されるでしょう。個人的には、いやこれじゃモンスター映画じゃん、と思わざるをえませんでした。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のように、正体を現さないでいてくれたほうが、薄気味の悪さが残ったな……と。しかし、モンスターががっつり襲ってきてガンガン戦うのがいいんじゃん!という方はおおいに楽しめそうです。

細かな人間模様も魅力

 「ザ・リチュアル」のもう一つの特徴は、各登場人物がそれぞれトラウマを抱えており、人物に陰影があるということです。ホラー映画の登場人物は、一般的には薄っぺらく描かれることが多いですよね。しかしこの作品では、一人一人の抱える心の闇と、またそれにより生じる人間関係の軋轢、それを乗り越え深まる友情など、ヒューマニティ溢れるストーリーが展開されていきます。この点が、ただ怖いだけのホラーとは一線を画しているといえるでしょう。


鑑賞後のみなさんへ

 ※ここからはネタバレを含みます。

 小屋の中の不気味な胸像、いかがでしたでしょうか?
 個人的には、実質あのシーンがこの映画のクライマックスでした。木に吊るされた動物の死体からあのシーンまでの30分間だけで、「不気味さ」の評価に★4つ出せます。それ以降はあまり盛り上がれませんでしたねー。特に怪物が出てきてしまってからは、パニックもののドラマシリーズでも見ているような気分で……。

 

twitterで感想を語り合おう。

この記事がお役に立ちましたら、下のバナーをクリックして
ブログランキングにご投票お願いします。

ではまた次回、お会いしましょう。


映画評論・レビューランキング
タイトルとURLをコピーしました